UNI ソーラーLEDライト 水害時(災害)に備える!

水害に備える!防水・耐久性に優れたLEDライト
※商用電源不要・工事不要!
【日本・アメリカ特許取得済み】

【発光防護柵(特許番号6980428号 日本)】
【Luminous Protective Fence(US10,859,254B2 アメリカ)】
千代田工業株式会社 大阪営業所のお問い合わせ先 画像です。

UNIソーラーLEDライトは、消耗部品の交換で長く使えるエコ製品です。

千代田工業株式会社 会社案内動画

特 徴

UNIソーラーLEDライト Φ48.6x1000mmとΦ48.6x2000mmの写真
防護柵基準P種とは、国土交通省が定めた道路用防護柵の基準の一つです。P種は「歩行者および自転車の転落防止」を目的として設計されており、その強度は、車両の衝突による転落を防ぐことができるように設計されています。具体的には、P種の防護柵は、次の基準を満たす必要があります。

垂直荷重:590N/m(60kgf/m)以上
水平荷重:390N/m(40kgf/m)以上
P種の防護柵は、歩道や自転車道などの交通量の多い場所に設置されることが多く、歩行者や自転車の安全を守るために重要な役割を果たしています。
UNIソーラーLEDライトの設置状況カタログ 表側表紙
防護柵基準P種とは、国土交通省が定めた道路用防護柵の基準の一つです。P種は「歩行者および自転車の転落防止」を目的として設計されており、その強度は、車両の衝突による転落を防ぐことができるように設計されています。具体的には、P種の防護柵は、次の基準を満たす必要があります。

垂直荷重:590N/m(60kgf/m)以上
水平荷重:390N/m(40kgf/m)以上
P種の防護柵は、歩道や自転車道などの交通量の多い場所に設置されることが多く、歩行者や自転車の安全を守るために重要な役割を果たしています。
UNIソーラーLEDライトの写真を背景にした蓄電池交換のPR画像です。
UNIソーラーLEDライトは蓄電池(バッテリー)基盤等、消耗部品の交換を想定し可能な限り長期にわたり御使用いただけるエコを意識した製品です。
UNIソーラーLEDライトの設置状況カタログ 裏側様々なUNIソーラーLEDライトの設置現場写真を掲載
防護柵基準P種とは、国土交通省が定めた道路用防護柵の基準の一つです。P種は「歩行者および自転車の転落防止」を目的として設計されており、その強度は、車両の衝突による転落を防ぐことができるように設計されています。具体的には、P種の防護柵は、次の基準を満たす必要があります。

垂直荷重:590N/m(60kgf/m)以上
水平荷重:390N/m(40kgf/m)以上
P種の防護柵は、歩道や自転車道などの交通量の多い場所に設置されることが多く、歩行者や自転車の安全を守るために重要な役割を果たしています。
標準取付金具が現場に合わない場合、ステンレス製金具等で、別途製作しています。
※取付金具を別途製作した場合、別料金を申し受ける場合があります。
UNIソーラーLEDライト 部品概略紹介
防護柵基準P種とは、国土交通省が定めた道路用防護柵の基準の一つです。P種は「歩行者および自転車の転落防止」を目的として設計されており、その強度は、車両の衝突による転落を防ぐことができるように設計されています。具体的には、P種の防護柵は、次の基準を満たす必要があります。

垂直荷重:590N/m(60kgf/m)以上
水平荷重:390N/m(40kgf/m)以上
P種の防護柵は、歩道や自転車道などの交通量の多い場所に設置されることが多く、歩行者や自転車の安全を守るために重要な役割を果たしています。

UNIソーラーLEDライトのPRポイント!

UNIソーラーLEDライトの概況説明
**水災害は年々増加している**

近年に見る水災害等は年々、増加の傾向にあり、気候変動や都市化によって、豪雨や洪水が頻発し、被害が拡大しています。これらの水災害は人命や財産にも多大な損害が及びかねません。

**UNIソーラーLEDライトは水災害時にも役立ちます**

水災害時に役立つ製品として、UNIソーラーLEDライトを紹介します。UNIソーラーLEDライトは太陽光で充電される高輝度の照明器具です。停電が起きても点灯し続けるため、夜間の救助活動や避難誘導に役立ちます。また、防水性や耐衝撃性に優れており、水災害時の厳しい環境でも使用できます。UNIソーラーLEDライトは水災害時の危険を低減する一助となる願いを込めて開発しました。

**近年に見る水災害の概況**
水災害は、台風や集中豪雨などによって毎年のように発生しており、人命や財産に大きな被害をもたらしています。近年は、ゲリラ豪雨と呼ばれる短時間に降る激しい雨の発生件数が増加傾向にあり、都市部でも浸水や冠水が起こりやすくなっています。水災害は身近な災害のひとつだといえます。
防護柵基準P種とは、国土交通省が定めた道路用防護柵の基準の一つです。P種は「歩行者および自転車の転落防止」を目的として設計されており、その強度は、車両の衝突による転落を防ぐことができるように設計されています。具体的には、P種の防護柵は、次の基準を満たす必要があります。

垂直荷重:590N/m(60kgf/m)以上
水平荷重:390N/m(40kgf/m)以上
P種の防護柵は、歩道や自転車道などの交通量の多い場所に設置されることが多く、歩行者や自転車の安全を守るために重要な役割を果たしています。
UNIソーラーLEDライトの構成イメージ(断面)
水災害は、台風や集中豪雨などによって毎年のように発生しており、人命や財産に大きな被害をもたらしています。近年は、ゲリラ豪雨と呼ばれる短時間に降る激しい雨の発生件数が増加傾向にあり、都市部でも浸水や冠水が起こりやすくなっています。水災害は身近な災害のひとつだといえます。

水災害が発生すると、停電や通信障害なども引き起こすことがあります。特に夜間に水災害が起こった場合、暗闇の中で危険な状況に陥る可能性が高くなります。そこで、ソーラーLEDビームという製品が役立つのではないかと考えます。ソーラーLEDビームは、太陽光で充電されるLEDライトで、防水・耐衝撃・長寿命の特徴があります。水災害時には、ソーラーLEDビームを屋外や屋内に設置して点灯させることで、周囲の状況を確認したり、避難したりする際の安全性を高めることができます。また、ソーラーLEDビームは、防災用品として常備しておくだけでなく、普段から庭やベランダなどで照明として利用することもできます。
UNIソーラーLEDライト 本体カバー構成・材質

期待される効果

近年に見る水災害等の概況

**水災害は年々増加している**

近年に見る水災害等は年々、増加の傾向にあり、気候変動や都市化によって、豪雨や洪水が頻発し、被害が拡大しています。これらの水災害は人命や財産にも多大な損害が及びかねません。

**UNIソーラーLEDライトは水災害時にも役立ちます**

水災害時に役立つ製品として、UNIソーラーLEDライトを紹介します。UNIソーラーLEDライトは太陽光で充電される高輝度の照明器具です。停電が起きても点灯し続けるため、夜間の救助活動や避難誘導に役立ちます。また、防水性や耐衝撃性に優れており、水災害時の厳しい環境でも使用できます。UNIソーラーLEDライトは水災害時の危険を低減する一助となる願いを込めて開発しました。

**近年に見る水災害の概況**
水災害は、台風や集中豪雨などによって毎年のように発生しており、人命や財産に大きな被害をもたらしています。近年は、ゲリラ豪雨と呼ばれる短時間に降る激しい雨の発生件数が増加傾向にあり、都市部でも浸水や冠水が起こりやすくなっています。水災害は身近な災害のひとつだといえます。

水災害が発生すると、停電や通信障害なども引き起こすことがあります。特に夜間に水災害が起こった場合、暗闇の中で危険な状況に陥る可能性が高くなります。そこで、UNIソーラーLEDライトが役立つのではないかと考えます。UNIソーラーLEDライトは、太陽光で充電されるLEDライトで、防水・耐衝撃・長寿命の特徴があります。水災害時には、UNIソーラーLEDライトを屋外や屋内に設置して点灯させることで、周囲の状況を確認したり、避難したりする際の安全性を高めることができます。また、UNIソーラーLEDライトは、防災用品として常備しておくだけでなく、普段から庭やベランダなどで照明として利用することもできます。

千代田工業株式会社 大阪営業所のお問い合わせ先 画像です。

「UNIソーラーLEDライト」の取付は非常に簡便です。

UNIソーラーLEDライト の取付方法!
以下に、UNIソーラーLEDライトの具体的な取付方法の「3例」をみていきます。

①防護柵などの上部の手すり「丸」の取付方法
②防護柵などの上部の手すり「四角」の取付方法
③縦格子の取付方法
UNIソーラーLEDライトの取付ガイドカタログの表紙です。一般的に屋外防犯ライト等の電源は、商用電源を使用していましたが、最近は自然エネルギー(ソーラーなど)を利用した製品が増える傾向にあります。千代田工業(株)が提案するUNIソーラーLEDライトはソーラー、蓄電池、LEDが一体化sた非常にスリムでスタイリッシュな設計となっています。取付けた場所の景観に溶け込む製品となっています。
①防護柵などの上部の手すり「丸形」の取付方法
UNIソーラーLEDライトを歩道橋などの柵の上部が丸い「手すり」の場合のUNIソーラーLEDライトの取付方法を説明した画像です。
②防護柵などの上部の手すり「四角形」の取付方法
UNIソーラーLEDライトを歩道橋などの柵の上部でフラットになっている「手すり」にボルト固定用の孔を貫通させてUNIソーラーLEDライトを取付ける説明画像です。
③縦格子の取付方法
UNIソーラーLEDライトの簡単・簡便な設置、取付の説明画像です。
UNIソーラーLEDライトの取付カタログ
UNIソーラーLEDライトの取付ガイド(カタログ)です。UNIソーラーLEDライトの取付3パターンを絵付で説明しています。

UNIソーラーLEDライト カタログ(PDFカタログ)

ソーラー・LED・蓄電池が一体となったことで景観を損なわないシンプルデザインにしています。
内蔵ソーラーで発電したエネルギーをリン酸リチウムイオン電池に蓄電し、暗くなると自動的にLEDが点灯します。

電気料金不要・簡単設置
電気工事不要・ノーメンテナンスの簡単施工
専用ブラケットを取付けることで既設の防護柵に取付け可能です。

用途
夜道の通学路
用水路・側溝の境界
災害時の視線遊動
危険個所の明示

SUN-SBM427-2000/1000(白色・電球色)
SUN-SBM486-2000/1000(白色・電球色)
ソーラー発電・充電式の電池一体型LED照明です。 防犯や防災に最適です。
【特長】
ソーラー&LED&Batteryを一体化し、既設の柵などを利用し電力を使わずに夜間照らすことを可能にしました。
学校、公園、避難場所、駐車場、手すり、縁石、公園のあずまや等々、様々な場所でAC電源が無い場所でも設置可能です。
防護柵基準P種とは、国土交通省が定めた道路用防護柵の基準の一つです。P種は「歩行者および自転車の転落防止」を目的として設計されており、その強度は、車両の衝突による転落を防ぐことができるように設計されています。具体的には、P種の防護柵は、次の基準を満たす必要があります。

垂直荷重:590N/m(60kgf/m)以上
水平荷重:390N/m(40kgf/m)以上
P種の防護柵は、歩道や自転車道などの交通量の多い場所に設置されることが多く、歩行者や自転車の安全を守るために重要な役割を果たしています。
ユニバーサルソーラーLEDライトのアルミ合金製専用ブラケット(取付金具)の製品PRです。
SMB486の製品に対応する支柱の直径は40mm~50mmに対応可能です。【取付けるビームや手すりを挟み込んでボルトで締付ます】

本体構造は①本体②ソーラーカバー③LEDカバー➃LED⑤太陽電池⑥コントローラ・バッテリー

特長
優れた発電効率:1日に使用する電力は約90分の発電でOK(晴天時)
長寿命:蓄電池の期待寿命は約10年 LEDの採用で電球の交換が不要です。
防護柵基準の強度:本体材質はアルミ合金で防護柵基準P種適合
透明度と耐候性、強度を併せ持ったソーラーカバー:特殊エンプラとポリカーボネートの2層構造になっています。

期待される効果
防犯:光は犯罪を抑止する
防災:災害時、電源停止の状況においても視線遊動の役割を果たします。
施工性:従来の照明器具設置に必要であった基礎工事電気工事が不要
省エネ:太陽光エネルギーの活用で電気代がゼロ
景観:光害対策に対応 周囲の景観を損なうことがない。
特許 発光防護柵 特許番号6980428号(日本) Luminous protective fence US10,859,254B2(アメリカ)
UNIソーラーLEDライトは、太陽光を利用して発電する環境に優しい照明器具です。夜間には、高輝度のLEDライトが自動的に点灯し、庭や玄関、駐車場などを明るく照らします。本製品は、防水・耐久性に優れた素材で作られており、雨や風にも強く、長くお使いいただけます。取り付けも簡単で、電源コードや配線の必要もありません。UNIソーラーLEDライトは、省エネで安全な屋外照明の最適な選択肢の1つと考えます。

ユニバーサルソーラーLEDライトの主な特徴は以下の通りです。

環境に優しい:太陽光を利用して発電するため、電気代がかかりません。
安全性が高い:防水・耐久性に優れた素材で作られており、雨や風にも強く、長くお使いいただけます。
省エネ:電気代がかからないため、省エネにつながります。
設置が簡単:電源コードや配線の必要がないため、簡単に設置できます。
ユニバーサルソーラーLEDライトは、省エネで安全な屋外照明をお探しの方に最適な製品です。
UNIソーラーLEDライト(バリカー)
品番:SUN-SBM-BR-1300(白色・電球色)
種類はベースタイプと埋め込みの2種類を御用意しております。
電源不要の簡単設置
ユニバーサルソーラーLEDライトの取付現場の写真を掲載【写真1】
ユニバーサルソーラーLEDライトの取付現場の写真を掲載【写真2】
ソーラーLEDビーム カタログPDF

ソーラーLEDライト【アプローチライトタイプ】

ソーラーLEDライト【アプローチライトタイプ】

太陽電池と電気2重層コンデンサ(キャパシタ)を組み合せたソーラー電源を搭載した製品です。
ソーラーLEDライト【アプローチタイプ】の説明画像です。太陽光により太陽電池が発電を開始、電気エネルギーはリン酸鉄リチウムイオン電池に蓄電されます。日没時になるとLEDが自動点灯し、日照時に自動消灯します。商用電源の配線が困難な場所への設置や災害時の非常灯としても最適です。
蓄電部にリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しています。
太陽電池とリン酸鉄リチウムイオン電池をソーラー電源を搭載しています。
ソーラーLED誘導灯として遠くからの視認性に優れています。

電源部仕様
供給電源部:ソーラーパネル 強化ガラス製シリコン結晶ソーラー
寸法 694mmx96mmの4面 定格電圧 17.5V 発電電力24W(6Wx4面)
蓄電部:リン酸鉄リチウムイオン電池 定格電圧 12V 定格容量10Ah
発光部:灯部 ポリカーボネート樹脂
    光源部 高輝度LEDチップ16個(日亜化学工業製)
LED点灯時間:6/14時間のどちらかに設定可能(標準品は6時間です)
消費電力:1時間あたりの点灯消費電力 約2.5W/h、1.2W/h
消費電力量:点灯時間6/14時間に対して、次となります。
      6時間:15Wh/日、14時間:16.8Wh/日
点灯・消灯:点灯:太陽電池電圧検知式+内部タイマー(雨天でも前日と同時刻に点灯)
      消灯:上記「LED点灯時間」に従った設定時間により消灯又は朝の発電状  
      態時
期待寿命(製品):約10年(製品寿命に大きく影響するリン酸鉄リチウムイオン電池の設計
        上からの年数) ※蓄電寿命が70%以上になる設計年数です。

ソーラーLEDライト【巻付けパネルタイプ】

既設水銀灯をソーラーLED照明に交換可能!
ソーラーLEDライト【巻付けパネルタイプ】の説明画像です。
巻付けタイプソーラーLEDライトの製品説明画像です。
ソーラーLEDライト【巻付けパネルタイプ】のメリット
ソーラーLEDライト【巻付けパネルタイプ】を既設支柱に取付けた設置例の画像です。
ソーラーLEDライト【巻付けパネルタイプ】図面画像です。

 

このページの上へ | ひとつ前のページに戻る

 

ご注文案内

製品カタログ

地下式消火栓

地上式消火栓

空気弁付消火栓

仕切弁

補修弁

消火活動対応製品

水道用急速空気弁

開栓キー(制水弁キー)

減圧弁ほか

ノッチ(三角堰)ほか

ピックアップ製品

ご注文案内

お電話によるお問い合わせ 大阪営業所 06-6358-3541