挿入超音波流量計ULSONA 遠隔監視

瞬時流量・瞬時流速・正積算流量・負積算流量・水温 をリアルタイムに遠隔監視できるIoT!
「初期投資を出来るだけ抑えたい」というユーザー様の声に、見合うシステムと確信しています。
御問合せ先➡千代田工業㈱ 営業1課 TEL 06-6358-3541

挿入式超音波流量計ULSONA-DT遠隔監視システム
流量、流速、正積算流量、負積算流量、水温を遠隔監視でIoT。
リアルタイムにパソコン、スマートフォン、タブレットで遠隔監視。
・収集したデータはクラウドに保存。
・期間を指定して過去のデータを確認できCSVファイルでダウンロード可能。
・通信回線、クラウドシステム、ダッシュボードなど必要なものすべてをセットにしたソリューションサービス。
・何処からでも繋がるので、場所や配線の制約がない。
・データ収集周期は最短で1分間隔。
・GPSを内蔵しており、地図上で位置確認が可能!

流量計の更新等について
流量計の更新には、以下のような状態の場合があります。

以上のように、既設流量計の更新をしたくても、バイパス管を設けていなかったり、バイパス管があったとしても、既設流量計を長期に渡り使用している場合、流量計の更新作業の際、赤水等が発生する恐れがあるなどが考えられます。そこで弊社では以下を、お勧めしています。
挿入式超音波流量計ULSONAの設置イメージ。
流量計の更新は、不断水で行うことを前提として考えます。
流量計の更新時、既設短管型電磁流量計はそのままにサドル分水栓を配管に設置し、分水栓から挿入式超音波流量計ULSONAを設置します。この一連の作業は不断水で行います。
(サドル分水栓のサドルは最大「700A」まで対応可能、分水栓は「50A」です)
※サドル分水栓は7.5K(上水)対応のため、10K対応は不可です。
流量計の更新時、配管に空気弁又は消火栓等が設置されている場合、それらを撤去して補修弁から挿入式超音波流量計ULSONAを設置します。
この作業も不断水で行います。
更新後、初期投資を抑えた挿入式超音波流量計ULSONA-DT 「遠隔監視システム」を御推奨致します。
既設空気弁又は消火栓等を撤去して挿入式超音波流量計ULSONAを設置したい場合でも、「空気弁又は消火栓」の機能を備えた状態にしたい場合を鑑み、弊社ではMN弁を開発しました。
MN型挿入式計測器設置対応型補修弁機能内蔵空気弁(消火栓)Φ75のカタログ
補修弁機能を内蔵しているため不断水で計測器の取付、取外しが可能。
将来的に省力化IoTを目指すならご検討を。
将来の管路におけるブロック管理を実施するうえで、既設の地下式消火栓あるいは空気弁を必要カ所のみ本製品に取り替えることにより、管内流量や水質等を測定する各種計測器を常時設置可能にすることを目的に開発しました。
MN型挿入式計測器設置対応型補修弁機能内蔵空気弁(消火栓)Φ75の設置イメージです。

 

このページの上へ | ひとつ前のページに戻る

 

ご注文案内

製品カタログ

地下式消火栓

地上式消火栓

空気弁付消火栓

仕切弁

補修弁

消火活動対応製品

水道用急速空気弁

開栓キー(制水弁キー)

減圧弁ほか

ノッチ(三角堰)ほか

ピックアップ製品

ご注文案内

お電話によるお問い合わせ 大阪営業所 06-6358-3541